NEWガイアの夜明けで紹介された、クラウドファンディングを活用して新規事業を立ち上げるためのスクール「zenschool(ゼンスクール)」 23期新規募集(残席3名)

Maker Faire Detroitレポート

ミシガン州デトロイト市郊外に位置するディアボーン市で7月26・27日開催されたDetroit Maker Faire。先月参加したKansas City Maker Faireより3倍くらい大きい規模の印象でした。
会場は自動車メーカーFordの博物館でした。来場者はMaker Faireとその博物館を一度に楽しめるというちょっとお得なイベントでした。Ford博物館だけでも十分に楽しめます。建物の中には車だけではなくいろいろな乗り物やエンジンが満載。

こちらはセオドア・ルーズベルト大統領が使っていたワゴン。

そしてこちらはケネディー大統領が暗殺事件時に乗っていた車両。驚いたことに暗殺事件後も補強してニクソン大統領他が使用したそうです。

この巨大な物体はかつて工場で使われていた蒸気エンジンです。

本題のMaker Faireですが、Ford社のお膝元という立地条件が関係しているかどうかは定かではないですが、ソフトウェア系よりも産業・工業系Makerが多かったような気がします。

家でごろごろしている感覚で外出したい方にお勧めしたいのがこちらの動くソファー。なんと日差し除け付!素敵ですね~!他に6人乗りの自転車(写真右上)、また車輪の間に人がはいって漕ぐタイプの物がありました(写真右下)。

 この橋はかつてレオナルド・ダビンチが設計したものです。小さいバージョンは来場者が作れるように展示されています。何百年前に生み出されたものを現代人がこのような形で楽しむなんてダビンチもさぞびっくりしてることでしょう。

忙しいあなたの強い味方となってくれそうなこちらのアイデアはパスタを茹でて、お湯切をし、そのままお皿になるという有りそうで無かったグッズです。下の部分の網目を開閉することによって3つの役割を果たしてくれます。まだ試作品ということですが、市場にでるのが楽しみですね。

オリジナルのウォーキング・スティックを作ろうというブースや

キーボード音の強弱に火がシンクロするのを見学できたり(写真左)、紙等を作って配電盤を作らせてもらえるブース(写真右)もありました。

 我々は今回もiPhoneトリックカバースプリンクくるくるパンプアップに加え、今回は全日本製造業コマ対戦のレプリカコマ達とともに出展し、ブースは大盛況でした。商品コンセプトを説明すると様々な反応を確かめることができました。商品の目的自体が受け入れやすかったからだと推察します(筋肉を付ける、想像力を育む等)それはどうやって使うの?と言われ実演をすれば、笑って驚いてくれたり、機構・仕様を聞いてくる人、写真や動画を撮影する人などの様々な反応がありました。写真右の方はコマを逆さに回してくれました。

デトロイト郊外は廃墟化してしまったビルや家が散在していました。しかし街中で人々の往来は多く、ビルは解体やリモデルされ始めたものもあり、また公園ではイベントが催されていて復興への息吹を感じられました。このMaker Faireに出展、来場していた人たちがモノづくりの力で街を盛り上げていくことに期待したいですね。

 

story一覧