NEWガイアの夜明けで紹介された、クラウドファンディングを活用して新規事業を立ち上げるためのスクール「zenschool(ゼンスクール)」 22期新規募集(残席1名)

「あッ 3Dプリンター屋だ!!」東京メイカー 毛利宣裕さま

MMS本編

 

enmono 本日は中野ブロードウェイにある、東京メイカーさんのアンテナショップからお送りしています。東京メイカーさんは3Dプリンターを開放して、持ち込んだ3Dデータをプリントアウトできるサービスをされています。毛利さんは、ボランティアで活動されているそうですね。

 

 

毛利 本業は栄光デザイン&クリエーションという会社で光造形機、3Dプリンターの元祖を使って、モノづくりをしています。メインは自動車や二輪の、樹脂関係の試作部品をつくっています。

 

 

enmono 3次元業界に入られて、何年になるのでしょう?

 

 

毛利 トータルで17年くらいです。初めに株式会社インクスに就職し、2001年に退社して栄光に移るんですけれど、ずっと光造形一筋です。

 

 

enmono どういうきっかけで、東京メイカーを立ち上げられたのですか?

 

 

毛利 2012年の3月に、インクスを辞められた山田さんとFacebookで再会しまして。9月にインクスのOBで集まった時、「CNCの10万もしない機械と、同じような値段の3Dプリンターと、どっちを買おうか迷っている」という話をしたんですね。そうしたら山田さんが、「それは毛利くん、光造形をずっとやっているんだから、3Dプリンターだろう。これから3Dプリンターが流行りそうだから、渦中に入ってみないか」と。「ここにいるメンバーで5万ずつ出資するから」と言ってくれたのですが、他の人は誰も手を挙げてくれなくて(笑)。山田さんと私の二人で、機械も材料も交通費も全部折半して、「やってみよう」というノリで始めました。

 

enmono 中野という場所を選んだ理由を、教えてください。

 

 

毛利 山田さんの会社に勤めていて、中野で店長もやっている方から、「中野はサブカルチャーの聖地で、尖った人達が集まる場所。そういう人達のモノづくりのアイデアを、逆に、アンテナショップとして受け取ったら面白いんじゃないか」と提案を受けました。去年の10月にTOKYO DESIGNERS WEEKで、パーソナル3Dプリンターのインスタレーションをさせていただいたんです。その時の反応が良かったこともあり、「ここだったら、うまくいくんじゃないか」という思いで、店舗をかまえました。ここは四畳半ほどのスペースですけれど、私達は予算がなくて。店舗自体は、3Dデータモデリング事業などをやっているStoneSoupさんと共同でやっています。

 

 

enmono モノづくり系の人ではなく一般の人からの評価で、可能性を感じたのですね。

 

 

毛利 モノづくり系の方の反応は冷ややかで、「まだまだこんなものなの」とか、「こんなに時間がかかるのか」とか、否定的なことばかり言われてきました。でも、TOKYO DESIGNERS WEEKにいらっしゃる方々の反応が、180度逆で。「私達の考えと近い人が、いっぱいいるんだな」と感じました。

 

 

enmono 最近はSNSでも、東京メイカーさんの噂が広まってきていますね。どのようなオーダーがあります?

 

 

毛利 キーホルダーとか、そのような2.5次元的な使い方をされる方が、ほとんどです。パーソナル3Dプリンターは業務用と違って、出来ないものもあったり、失敗して焦げてしまうこともあります。

 

enmono お値段は?

 

 

毛利 1時間あたり980円です(da  Vinchiは500円)。

 

 

enmono 安い!

 

 

毛利 利益よりも、「3Dプリンターに親しんでもらいたい」という気持ちでやっています。また、「一般の方が、どんなものをつくりたいのか知りたい」という好奇心がありまして。今後、3Dプリンターが一気に普及すると、もう情報は得られなくなりますから。

 

 

enmono 3Dデータの直しも、お願いできるのですか?

 

 

毛利 はい。1時間あたり2500円で、ポンチ絵などからデータを起こすこともできます。StoneSoupの浦元社長は2年連続、CATIA V5の世界チャンピオンになった、すごい人なんです。モデリングスピードが早いので、1時間2500円は破格です。

 

 

enmono 予想もしていなかった案件はありましたか?

 

 

毛利 ウォシュレットのノズルの歯車が壊れたという方が、いらっしゃいました。

 

 

enmono トイレなどは保守メンテで利益が出ているでしょうから、メーカーさん的には儲からなくなっちゃいますね。

 

 

毛利 ビジネスモデルが壊れてしまうことになりますね。

 

 

enmono 全ての人が3Dプリンターで解決しようとするとは思いませんが、そういうものに移行する可能性も出てくると。作るものの特性もありますが、同じデータでも、3Dプリンターの機種によって違いが出てくるようですね。

 

 

毛利 2台、3台と買っていくうちに、それぞれ特徴(※)が違うことに気付きました。毎週日曜日の午後2時からUstreamで放送している「P1グランプリ」では、好き勝手言わせてもらっています。

 

enmono 出すモデルは毎回違うのですか?

 

 

毛利 毎回、変えています。早さと綺麗さを競ったり、精度を求めたり、課題を決めてやっています。

 

 

enmono 去年くらいから3Dプリンターがブームになって、急に一般の人が騒ぎ始めた感じがします。17年も3次元業界にいらっしゃった毛利さんは、どのように受け止められました?

 

 

毛利 私は23年前、高校1年生の時に初めて光造形が発売されるというニュースを見て、この業界に興味を持ちました。その時の感動が今、皆さんにやってきているのかな、という感じがしますね。でも、3Dプリンターを実際に見たことがある人は、まだ少数。ここを通り過ぎる人達も、「あっ、3Dプリンターだ」と言って初めて見ていかれる人が、ほとんどです。

 

 

enmono 銃をつくった人も出てきて、ニュースになりましたね。3Dプリンターを規制するような意見もありますが。

 

 

毛利 良いことに使えば、無限の可能性がある機械です。怖がる必要はないと思います。データを処理するソフト側に対策をしたり、これは林信行さんというITジャーナリストの方が仰っていたんですけれど、材料に誰が製造したか分かりやすくするためのバインダーを入れるとか。材料メーカーが、警察とかが識別しやすいような物質を少量混ぜ込むことで、ロットで絞り込めたり発売日で絞り込めたりできるのは、いいアイデアです。

 

enmono なるほど。2次元の、紙のプリンターが世の中に出てきた時、「印刷屋さんが無くなるかも」と言われました。衰退はしているかも知れませんが、今も印刷屋さんはあります。ですから、一部メディアで3Dプリンターに過剰な期待を抱いているような雰囲気もありましたが、製造業も無くならないわけで。2次元の時と同じで、データの方が重要だったり。

 

 

毛利 3Dデータの方が圧倒的に大事です。3Dプリンターが普及しても、データをつくる人が増えないと、機械は使いきれません。

 

 

enmono ケイズデザインラボの原さんは、それを危惧されて、3次元モデリングの教室「3D道場」をやられています。実は、私と毛利さんは、そこでお会いしたのです。どういうモデリングをするかが、非常に重要なのですね。

 

 

毛利 プリンターに合ったモデリングをしないと、形状をきちんと作成できないことがあります。光造形やパウダー造形はある程度、設計者の意図した通りにモノができますが、FDM(熱溶解積層法)方式は制約があります。

 

enmono 安い3Dスキャナーなども、出てきましたね。

 

 

毛利 私も、一番安いSenseを持っています。パソコンを片手に持ちながら、もう片方で物体をスキャンしていくんですけれども、ちょっとした拍子に機械が自分の位置を見失うんですよね。そうすると、一からやり直しです。失敗したデータを集めて合成することができれば、いいんですけれど。

 

 

enmono 誰かが、「パソコンの画面をiPadに映し出して見ながらやるといい」と言っていました。Air Displayという、iPadをセカンドディスプレイにするアプリケーションがあるんです。

 

 

毛利 それはいいですね。Senseは、一度決まれば、少し不具合があっても造形できるように修正してくれます。おもちゃとしては、すごく面白いと思います。

 

 

enmono 3Dプリンターは今後、どうなっていくと思われますか。

 

 

毛利 パーソナルタイプは、業務用とは全く違う進化をしていくと思います。もっと気軽に、DIYが楽しめるようになるでしょう。木工細工は音が出たりするので、土日の昼間にしかできなかったりします。3Dプリンターは音も出ませんので、部屋やダイニングに置いて、平日の夜にパソコンを使ってモデリングすることもできます。そのように楽しまれたらいいんじゃないかなと思います。

 

 

enmono 一家に1台。

 

 

毛利 そうなったら、いいですね。機械がちゃんと動くようになったり、キラーコンテンツが出てくると、一気に普及するのではないでしょうか。

 

 

enmono ありがとうございました。

 

 

 

※各プリンターの特徴

 

3D Touch

3D Systemsに買収されたイギリスの工作機械メーカーが製造していて、しっかりとした造り。ヘッドがシングル、ダブル、トリプルの3種類ある。ABSは台の上で樹脂が冷えて縮んで、変形してしまう。アート系、フィギュア系に向いている。

 

Replicator 2X

2Xはヘッドが2個あり、2色同時造形が可能。機械の中が高温になるABSに最適化された造りで、綺麗にできる。後加工する場合は使いやすい。寸法精度が非常に良く、スマホのケースなどをつくることができる。売れ筋の機械。

 

Scoovo

データ通りに綺麗にできるが、スピードが遅い。でき上がったモノは艶があり、フィギュア系などに向いている。材料は基本的にPLAしか使えない。日本製で、最近、新型が出た。

 

da  Vinch

6万9800円と、非常に安い。材料はカートリッジ式で、専用の材料のみ使える。精度は良いが、造形品のクオリティーが綺麗ではない。台とヘッドの距離をチェックしてくれる機能があり、失敗し難く、初心者にはお買い得がある。

 

片桐号

2005年に3Dプリンターの特許が切れ、オープンになった製造方法やデータで、片桐さんが製作。片桐さんは、3Dプリンターに精通しているマニアの方。東京メイカーが持っている3Dプリンターのなかで、完走率が一番良い。

 

 

 

 

 

 

’14/5/25 第81回MMS放送(ゲスト:東京メイカー 毛利様)

 

 

 

 

 

東京メイカー

 

https://www.facebook.com/TokyoMaker

 

story一覧