NEW瞑想ワークを活用したマインドフルネスビジネスの講演を、浜松・高知・九州など日本全国で展開中。
Master

マイスター

伝統工芸的なテイストを持つプロジェクトです。

東大阪にこども金型職人を生み出す発信基地を作りたいねん!

このプロジェクトは、ご支援いただいた資金で開発を開始し、一緒にプロジェクトを進めていただけるサポーターを募集しております。

  • 製造準備中
  • 製造中
  • 出荷準備中
  • 出荷済み
Top
再生する

東大阪にこども金型職人を生み出す発信基地を作りたいねん!

☆こども金型職人とは?☆
こどもの頃、工作の時にワクワクしてモノづくりした記憶がありませんか?
こども金型職人の「こども」とはそんなこども心を持ちモノづくりにワクワク
している人の事を言います。


年齢は関係ありません。小さいお子さんから大人までどんなかたでもモノづくりに
興味を持っている方がここに来ることで「金型職人」となれるのです。
ただし、プロの金型職人ではありません。モノづくりにワクワク感を持った
「こども金型職人」になります。

「こども金型職人」になるためにはこんなことをします。
 -知る-
1.素材や工法を講習で学ぶ

2.工場見学でモノづくりの現場を見る

-体験する-
 金型の組立、仕上げ、プレス加工を実践する

1.製品図面、金型図面の確認



2.金型を組み立てる


3.できた金型でプレス加工。製品が図面通りできているか確認

4.好きな刻印を打つ


-作る-
 講座で学んだ知識や体験した金型作りの中から作りたいものが発想できたら
 ベテラン職人さんに相談。作りたいを実現する。

 

☆町工場という秘密基地から生み出す!☆

業界問わず、様々な方から「モノづくり工場に興味がある」「金型が出来るところを見てみたい」というお声をたくさん耳にしています。
しかし私たちのようなモノづくりの現場である町工場は比較的封鎖的です。
自分たちの技を具体的に公表してる企業は少ないです。
その閉鎖された工場の中はモノづくりを楽しめる空間が広がっています。
それを知り、体感することで老若男女問わず世界が変わり楽しいと感じる事が
出来るのではないかと考えました。

そこで!

モノづくりの街、東大阪でプレス金型やプレス加工品を製造している
「中辻金型工業株式会社」という秘密基地の一角を利用。
企業、個人、大人から子供まで作りたい人、作る人が

「ここに来たらモノづくりの事がなんでもわかる!」
「その楽しさを体感できる」
「こども金型職人になれる」
そういう場所を作りたい!
そう考えこのプロジェクトを立ち上げることにしました。

 

☆モノづくり情報発信基地「enjoy mono」☆

「知る・体験する・作る」をコンセプトにモノづくりの楽しさを発信する基地、「enjoymono」を作ります。場所は町工場の街、東大阪。
この基地では「ここにくればモノづくりの事がなんでもわかる!」
金型作りを通じてたくさんの「こども金型職人」を育て、
「人と繋がる」「未来に繋がる」「世界に繋がる」技術や商品を生み出します

モノづくり工場と作りたい企業、作りたい人が出会い、新しい繋がりを生みます。
町工場という秘密基地での経験から「こども金型職人」を生み出し、未来の雇用に繋げます。

「enjoymono」は今までにないモノ・コトを作り出します。
​日本の財産であるモノづくりでMade in japanブランドを世界に発信していきます。

☆現在のモノづくり企業☆

戦後から成長産業としてこれまで日本を支えてきたのは数多くのモノづくり企業の技術です。その技術は日本の国家を支える財産であると言っても過言ではありません。中小製造業が持つ技術を活かすことで地域だけではなく日本全体が活性化します。
しかし、町工場=3K(危険・キツイ・汚い)と言われてきました。
「若者たちがなぜ町工場に就職したがらないのか?」

ふと考えるとモノづくりを体感できる機会や場所がないと気づきました。
今の中小製造業は3Kという言葉が似合わない、モノづくりのテーマパークと言えるような場所になっています。

これからの日本の未来に向けてその楽しさを知ってもらう事は必須です。
東大阪だけではなく日本にはありとあらゆるモノづくり企業があります。
その企業を知り、その技術を身近に感じ、気軽に体感できる場所を作りたいのです。様々な人たちがモノづくりの楽しさを体感することで企業との繋がりを生み、町工場も元気にしていきたいと思っています。

☆プロジェクトのきっかけ☆
これまでの日本は人が増え、その人を教育し、その人たちが経験を積んだことで技術が生まれ日本を成長させてきました。


しかし、不景気のあおりを受けその技術が伝承されないだけでなく遅化しているのが実情です。その結果、ここ数年で多くの方からこのような声を耳にするようになりました。

「技術者がいなくて困る」
「良い金型を作れるメーカーを探している」
「現場上がりの職人がいない」
「作りたいけどどこに頼んでいいかわからない」
「町工場でどんなことができるのかわからない」

これまで積んできた日本の技術が衰退してしまうのではないか?
これまで支えてきた職人たちの財産が途絶えてしまうのではないか?

そう危惧するようになりました。東大阪でも町工場の数は減少しました。
​しかし町工場にはすばらしい技術がたくさん残っています。一日でも早くその技術をこれからの未来を支える人々に伝え、多くの経験を積んでもらうことが今後の日本にとって必要なのではないかと考えました。

ある時、息子が小学校で日本の工業について勉強していると話してくれました。

学校では教科書でしか知ることのない製造業の事。机の上だけでは身近に感じることはできません。楽しさも伝わりません。大人から子供まで興味をもつ人たちのために現場のモノづくりを体で感じられる場所を作っていきたいと思っています。

授業の中で子供たちが学び、感じたこと。
それは
「中小工場(中小企業)が作った製品は世界に繋がる。大工場(大企業)だけでは無理」
ということだったようです。

町工場に課せられるのは「技を活かしてモノを作る。」ことです。
その技をメーカー企業をはじめ作りたい人に伝え、世界に繋げていくのがこの基地です。
「知る・体験する」この基地で経験を経て多くの「こども金型職人」を生み出すことで
新しい価値を持った商品が生まれます。町工場と人が繋がることで新しいものを生み出し、生み出すことで職人が生まれ、新しい雇用にも繋がり日本全体が活気立ってくると考えています。
そうすることで新たなMade in japanのブランド力があがり世界に名を響かせるモノづくり大国となると考えています。


☆モノづくり大国、日本であるために☆


インターネットが普及し、情報はパソコンやスマホがあればいつでもどこでも得ることができる時代になりました。しかし、モノづくりの世界では人と人とが出会い、繋がり、想いを共有することで新しい価値を生み出すことができます。大切なのはリアルな交流です。ネットで知るのではなくリアルに出会い、リアルに聞き、リアルに情報を得ることができる場所を作り、モノづくりのおもしろさ、深さ、楽しさを伝えていきます。

・このプロジェクトでどんなことをするのか?

「知る」 -職人たちの技を学ぼう-
実際にモノづくりに携わっている町工場の企業さんが専門分野に特化したモノづくり講座を開催します。金属の材料、プレス金型、プレス加工、塗装、メッキ、表面処理など私たちが一緒にモノづくりに取り組んでいる町工場や材料メーカーさんがそれぞれの専門分野について説明します。難しい話はなし。どうやって加工されているの?どうやってできてるの?をわかりやすく説明します。まったくモノづくりを知らない人にも「こうやって作られているんだ」とわかってもらえる講座を展開していきます。

「体験する」 -プレス金型を体感-
プレス金型組立&プレス加工体験。実際に作られているプレス金型のミニチュア型を組み立てて作る体験型ワークショップを開催します。プレス金型を作ってプレスするという日々現場で行われている仕事を実際に経験してもらいます。
そして工場見学で実際に作られているところを体感。モノづくりの現場を見ることでモノづくりの楽しさを体感していただきます。
企業でも金型がどんなものかご存じない方も多いと聞くことがあります。
実際の金型に触れて金型とは何?を体験しながら覚えていただきます。
作った金型でプレス加工してみて金属はどのように変化するのかを目で見て
モノを見て学んでいただきます。

「作る」 -イメージを実現させよう-
モノづくりの技術やいろはを知り「こんなものを作りたい!」と思ったらリアルに出会ったモノづくり職人へ相談!
セミナーで出会ったモノづくり企業の職人さんに直接依頼することができます。ホームページで見つけて依頼するだけではなくつながりを持っていることで職人さんとの意思疎通を持って新しい価値を生み出すモノを実現させることができます。


 

☆私の想い☆

「enjoymono」は大人だけではなくこれからの日本を支えていく子供たちにもモノづくりの楽しさを伝え技術を伝えていきます。日本は資源の少ない国。
未来の日本に必要なことは

1.international(国際的)
2.Local(地域を魅力的に)
3.Innovation(価値の創造)

この三つだと考えます。日本を活性化させるため、世界に打って出るには人と人とのリアルな繋がりにより新しいモノ・コトを起こすことだと考えます。そしてその価値を生みだすことの楽しさを今の大人が経験し、子供たちに伝えていくことが大切です。
「ここに来れば何でもわかる」「モノづくりを体感できる」そういう場所になることで東大阪がモノづくりの技の集合体へと成長します。成長した町、東大阪はその技と新しい価値を持って日本経済を支えることになると考えています。

私自身の経験です。
不景気の底だと言われた2001年から製造業に携っています。小さいころから工場を見ていた私は「こんな汚い工場で働きたくない。」「何やってる仕事か全くわからない」とまさに3Kだと思っていました。また幼いころの私の目には「わけのわからない場所」としか映りませんでした。しかし、結婚を機に入社したことで自社の仕事を知り、こんなに面白い仕事はないと体感しました。入社後CAD/CAMから始めました。何を作るのか、何をしているのかなんて全くわからず言われるがままに加工データを作成し、図面を描いていたのです。
ある日、1人の社員さんが退社することになりました。その社員さんの代わりに現場の仕事を引き継ぐことになり現場の経験を積むことになります。

私がモノづくりをおもしろさを知ったのは図に描いたものが現実に製品として出来上がった時。「すごいこれ!」そう思ったのです。
私を育ててくれたのは自社はもちろん、現場にいる取引先の方々でした。図面・加工・金型・処理等、作ることに関して「やってみる」という手法で多くの経験を積ませてくれました。
人と人との繋がりがあったからこそ今の私があります。その繋がりがあるからこそ経験を積み自分の技として持つことができました。取組む中で人の温かみや一緒にやったときの達成感を実体験したのです。それは今も継続中です。
「なんで製造業はこんなに楽しいのにやらないんだろう。」と今まで思っていました。
そしてそれは「私のように実体験することができないからなのでは?」と思うようになりました。
モノづくりは学校では勉強できない大切なことを学び、作ることを通じて成長できる仕事だと思います。私が経験してきたこと、経験し続けていることを少しでも多くの人に伝え、その醍醐味を知ってもらいたいと考えています。
                           
                                          中辻金型工業株式会社
                                            総括部長 戸屋加代

☆ ご支援で実現できる事☆
* これまでの状況
ものづくり体験、講座が出来るスペースを確保しています。
実際に組立してもらう金型の設計を進めています。

<ワークスペースの構築>

今あるワークスペースは6名しか座ることができず、ぎゅうぎゅう詰めで
座っていただくしかありません(*_*)

そこで!
倉庫となっている本社工場2Fを秘密基地にリニューアルし、10名~15名程度の人が楽しく心地よく体験いただけるようワークスペースの構築を考えています。

しかし、ワークスペースは確保してはいますが、場所があっても金型を組み立てるための作業台や工具がなければ実現できません。
私たちが今持ち合わせている設備、工具では中途半端になってしまいプロジェクトを進め上で不足してしまいます。

・町工場に仕事を依頼するが材料や加工の事がわからないという企業の担当者さん
・現場経験や知識を増やしたい商品設計の担当者さん
・自社の新しい商品を作りたいとお考えの企業さん
・モノづくりの事を知りたい!というモノづくりに興味のあるクリエイターさん
・モノづくり体験をしてみたい!という小学生~大学生までの学生さん
・現場のモノづくりを知りたい!という業界の人や企業さん

老若男女問わずそのような方々をお迎えできるような場所や体制作りのために、
資金調達ができたら以下のご用意をさせていただきたいと考えています。
・ワークショップ用の金型製作
・ワークショップで必要となる作業台や工具
・誰でも安全に使える簡易プレス機
・本社工場2F倉庫のリニューアルと机やイス等の設備

* 開発スケジュール
2015年2月~6月 モノづくり体験用金型・簡易プレス機の準備

2015年6月下旬ごろ プレオープン

2015年7月 セミナー&ワークショップ スタート

* アリガトウ(対価)について
¥1,000 ご支援いただいた方へ 
 「ありがとうメッセージ」をラジオVerでお送りします。

¥2,000 ご支援いただいた方へ
 「ありがとうメッセージ」ラジオVerと当社オリジナル缶バッチを2つプレゼント

¥4,500 ご支援いただいた方へ
 当社オリジナルTシャツをプレゼント。
 色は黒・グレー・赤の3色から、サイズはS・M・Lからお選びいただけます。


 

¥5,000 ご支援いただいた方へ
 協賛者としてホームページをリンク + enjoy mono WEBサイトへのお名前掲載

¥7,000 ご支援いただいた方へ
 金型から生まれたお香立て「en」をご支援特別価格でプレゼント
 お香の香りを楽しむだけではなく幻想的な煙を生み出し人々を癒すお香立てです。

¥8,000 ご支援いただいた方へ
 当社オリジナルTシャツ+こども金型職人「体験する」ワークショップへ
 1回ご招待いたします。

¥10,000 ご支援いただいた方へ
 ゆめのたね「ありがとうメッセージ」ラジオ収録 1回 +
 こども金型職人「体験する」ワークショップ + 「知る」プレス金型って何?講座へ
 1回ご招待いたします。
 ※収録場所は各地ございますのでご相談ください。

¥30,000 ご支援いただいた方へ 
 enjoy monon の協賛者プレートへお名前(会社名)を掲載させていただきます。
<限定 10名まで>
 
¥100,000 ご支援いただいた方へ
 enjoy mono の協賛者プレートへお名前(会社名)を単独で掲載させていただきます。     (プレートサイズ:450mm×200mm程度)
<限定 5名まで>

¥150,000 ご支援いただいた方へ
 「作る」を実体験いただきます。実際に作りたいものを試作し、製品に
 させていただきます。(ただし、サイズ等作るモノの制約があります。
 サイズや形状等はお問い合わせの上ご検討ください。)
 <限定 3名まで>

* お届け納期について
ありがとうメッセージ・缶バッチ・Tシャツ・お香立てにつきましては
クラウドファンディング終了後、8月~9月のお届けを予定しております。

enjoymonoサイトへの掲載はクラウドファンディング終了後、8月~9月に
更新予定です。

ワークショップ、講座につきましては8月~10月までの講座開催日に合わせ
ご都合の良い日時をお選びいただきご参加いただきます。

協賛者プレートの製作、掲示につきましては9月中の予定をいたしております。

* 本プロジェクトのリスクについて

すでにワークショップや工場見学にお越しいただき少しずつプロジェクトは進行して
おりますが、本職の都合、または自然災害によりスケジュールが遅れる場合があります。
 

 

 

Facebookにも投稿にチェックを入れてください

GOAL

サポーター受付中

現在までの支援額

¥1,025,500

目標金額は¥900,000に設定されています。2015/07/30 24時までに目標金額を達成するとプロジェクトはGOALとなります。

113%
Thumb 戸屋 加代

1978年東大阪で誕生し、町工場の中で育ちました。中学校では吹奏楽部に所属。トランペットを吹いていました。高校ではバスケ部一筋で3年間を過ごしました。卒業して間もなく1か月間カナダでのホームステ... もっと見る>

メンバー

Thumb Junya Mabuchi

もっと見る>

Thumb Kazuya Nanba

もっと見る>

求めている仲間をみる

求めている仲間

Maker

メーカー

7 人が応募しています

町工場モノづくり講座の講師をボランティアでお願いできる方を募集します。
自社のお仕事を紹介しながら加工の事やモノづくりに携わる思い、その楽しさをわかりやすくみなさんにお伝え頂きたいと考えています。
ぜひよろしくお願いします!

7人が応募しています

Designer

デザイナー

1 人が応募しています

プロジェクトを始めるにあたり講座やワークショップの風景写真やプロモーションビデオの撮影並びに編集をお願いできるボランティアの方を募集します。金型屋ですので撮影に関しては全くの素人ですので助けていただきたいと考えています。工場見学はいつでもお越しください。

1人が応募しています

Staff

スタッフ

2 人が応募しています

ワークショップスペース、モノづくり講座のスペース作りをお手伝いいただけるボランティアの方を募集します。スペースの配置や構成を一緒に考えていただき、仕上げまでお手伝いいただきたいと考えています。

2人が応募しています

Staff

スタッフ

4 人が応募しています

こども金型職人を生み出すために講座を開きます。その講座の内容を作成するにあたり、講座で聞きたい業種、聞きたい事、こんなことを知りたいという情報をご提供いただける方を募集いたします。内容はどんなことでも構いません。教えて~!知りたい~!と思う事を教えてください。

4人が応募しています

お金による支援(ありがとう)

¥1,000 支援すると

「ありがとうメッセージ」をラジオVerでお送りします。

2 人が応募しています

予定納期 2015年8月

Gf_slider

¥2,000 支援すると

「ありがとうメッセージ」ラジオVer+「当社オリジナル缶バッチ」を2つをお送りいたします。

2 人が応募しています

予定納期 2015年8月

Gf_slider

¥4,500 支援すると

「当社オリジナルTシャツ」をお送りします。
ブラック・グレー・レッドの3色からお選びください。

19 人が応募しています

予定納期 2015年9月

¥5,000 支援すると

協賛者としてenjoy mono WEBサイトにてホームページをリンク + enjoy mono WEBサイトへのお名前(会社名)を掲載させていただきます。

8 人が応募しています

予定納期 2015年8月

Gf_slider

¥7,000 支援すると

お香の香りを楽しむだけではなく幻想的な煙を生み出し人々を癒すお香立て「en」をご支援特別価格でお送りいたします。

6 人が応募しています

予定納期 2015年9月

Gf_slider

¥8,000 支援すると

当社オリジナルTシャツ+こども金型職人
「体験する」ワークショップへ1回ご招待いたします。

3 人が応募しています

予定納期 2015年8月

¥10,000 支援すると

ゆめのたね「ありがとうメッセージ」ラジオ収録 1回 + こども金型職人「体験する」ワークショップ + 「知る」プレス金型って何?講座へ1回ご招待いたします。

17 人が応募しています

予定納期 2015年9月

Gf_slider

¥30,000 支援すると

enjoy monon の協賛者プレートへお名前(会社名)を掲載させていただきます。

10 人が応募しています

OUT OF STOCK

予定納期 2015年9月

Gf_slider

¥100,000 支援すると

enjoy mono の協賛者プレートへお名前(会社名)を単独で掲載させていただきます。

3 人が応募しています

限定 残り 2個

予定納期 2015年9月

¥150,000 支援すると

作る」を実体験いただきます。実際に作りたいものを試作し、製品に させていただきます。
(ただし、サイズ等作るモノの制約があります。サイズや形状等はお問い合わせの上ご検討ください。)
 <限定 3名まで>

0 人が応募しています

限定 残り 3個

予定納期 2015年9月

 

 
現在までの支援額¥1,025,500