NEWガイアの夜明けで紹介された、クラウドファンディングを活用して新規事業を立ち上げるためのスクール「zenschool(ゼンスクール)」 22期新規募集(残席1名)
Artist

アーティスト

モノづくりに関連した芸術的なプロジェクトです。

世界で一つ 町工場にメタルアートミュージアムを作りたい!

このプロジェクトは終了しました。

  • 製造準備中
  • 製造中
  • 出荷準備中
  • 出荷済み
Top
再生する

世界で一つ 町工場にメタルアートミュージアムを作りたい!

 Toyama Factory Art Museum 

  

◆みなさまへ

本プロジェクトを行うにあたり、弊社でも初めてアート作品の削り出しに挑戦いたしました。(企画から制作までの様子は下記「これまでの活動」をご覧ください)

木製のらんまを3次元測定機でスキャニングしてアルミ削り出すという工程は頭の中ではとても簡単に思えましたが、初めてみるいろいろな問題にぶち当たりました。

しかし、問題が発生したら、調べたり、相談したり、聞いたりと、いろいろな方たちと出会うこととなりました。

『第4次産業革命』とささやかれる時代、今まではヒトしかできなかった仕事の殆どが
機械やコンピューターが早く正確大量に加工してしまいます。
機械やコンピューターが人間を動かす時代が、すぐそこまできています。
そんな時代を前に、「ヒトにしかできない事」が重要な鍵になるのではないでしょうか?

私はヒトの強みはゼロからイチを作り出せることだと考えます。ヒトが集まると、繋がりができます。繋がりができるとこれまでにない、新しい発想が誕生します。
これは機械にはできないことです。

今回の活動でも、異業種の方、普段のお仕事ではお会いできないような専門技術を持った方との出会いがありました。今まで見たことのない世界を知りました。そして、新しいものが生まれました。

私は、Toyama Factory Art Museum を通して、
 町工場 + 町工場
 来場者 + 技術者
 デザイナー + 技術者
 金属加工技術 + 伝統産業    
 写真愛好家 + 金属アート作品  ...がつながる場(ba)を作りたいです。
 
 これまで、縁の無かった人たちが、繋がり、交わって、変化するきっかけにしたいです。

 皆さんのからのご支援、宜しくお願い致します!

◆Toyama Factory Art Museumとは?

富山県高岡市のとある町工場の一角に、金属を削り出して創ったメタルアート作品に特化した美術館を作りたい!!

作品を手掛けるのは町工場の現場で日々製造に励む現場クリエイターたち。
金属の塊を自由自在に削り出す技術と技とアイディアで創り上げたメタルアート作品
が並ぶミュージアムです。

ものづくり大国ニッポンの美と技を楽しめる場所です。

◆なぜアートなのか?

アートは創造力や感性から創られる

富山県は
北陸3県では工業生産高が一番高く、ものづくり県と自負しています。

また、芸術を楽しむ文化も根付いています。

富山県は人口1人あたりの美術館の数が日本でNo.1という街です。
富山県には水墨画カメラ絵本ガラスなど様々なものに特化したテーマの美術館があります。

美術館といえばアート!
そんなアートに囲まれた富山で、ある日ふと頭をよぎったこんな想い。

「町工場にある工作機械で作られたアート作品を鑑賞できる場所があったら、
遠くても行って見たい!」

「これだけ美術館があって金属に特化した美術館がないのはなぜだろう?」
「うちの工場にある工作機械で、何か創ろうと思えば創れるのでは?」
「どこにもないのであれば、自分で作っちゃえ!!」

◆このプロジェクトを通してやりたいこと

①「つながり」を創造する

ヒトが集まると繋がりが生まれます。

まずは、いろいろな職業、技術、知識、を持った人が気軽に集まれる場(ba)を造り、ここに来れば誰かに会える、つながれる場(ba)にします。

町工場と言えば
「暗い」「汚い」「うるさい」といったイメージ

では、美術館と言えば
「明るい」「美しい」「静寂」といったイメージ

そんな相反する2つが融合した今までにない空間を創ったら?

「えっ?ここが工場?」
「町工場で美術館??って何??」

「いったい、何があるの?」
「製造業の現場って入ったことがない」

など好奇心に刺激を与えて、思わず覗いてみたくなるにします。
 

②ものづくりアートの場(ba)というTOOLにする

がつながると新たなコミュニティができます。
コミュニティから新たな発想や技術が生まれます。

このミュージアムがきっかけで、新たに出会い、出会いをきっかけに、
自社でアート作品の製作に挑戦する、コラボして何か新しいものを作る、などものづくりアートの発祥となるようなそんな場(ba)にしていきたいです。

この(ba)は人と人とつながるためのツールと考えてください。
そして、誰でも気軽に使え、楽しめるようなツールにしていきます。

 

◆これまでの状況

・彫刻師とコラボ! 富山の伝統工芸である「木彫りの欄間」をアルミで製作!!

今回このプロジェクトを進めるにあたり、当社でもアート作品の製作に挑戦することにしました。

①アイデアシート

この企画を開始するにあたり、まずは
アイデアシートを作成しました。
発想重視で思いついた案・アイデアを募集したところ、出てきたシートは20枚。
数人でシートを眺めながら会話をしていると、
A君Bさんのシートを見てひらめいた!!

実はおじいさんが井波彫刻の職人をしているというA君。彼のひらめきは、「おじいちゃんの作った欄間を金属で再現する」というものでした。

富山県南砺市の旧井波町は木彫り彫刻で有名な町です。井波彫刻の彫刻師が作った欄間。
アート性もあるし、何より金属のらんまなんて見たことない!ということで採用!

②彫刻師との出会い

A君のおじいさんに企画をお話したところ、ご協力を快諾してくださいました。
さっそくらんまを借りにおじいさんのお家のある南砺市井波町へ。

井波彫刻は通産省から指定を受けた伝統工芸品です。荒彫りから仕上彫りまでなんと200本以上のノミ・彫刻刀を使い作り上げます。これぞ手技!

スキャニング

お借りしたらんまを、CNC三次元測定機で読み取ります。
フジタには非接触式レーザープロープがあるので欄間のように複雑な形も読み取ることができます。

②データ加工

スキャニングで読み取ったデータを加工CAD用データに変換します。
今回は「手彫りのらんまを再現!」ということで、細かくデータを取ったため、データサイズが大きくなってしまいました。大きすぎて社内ではデータ変換が困難な為、富山県工業技術センターさんへ協力をお願いしました。
が、3日3晩変換の演算をしましたが、計算が終わらず、こちらも断念・・・
STLデータで加工データを作成することに。

③試作品製作

試作品の製作を進めます。CAM用の加工用データです。

こちらが試作用に準備したアルミのプレートです。今回は4分の1サイズで試作品を製作することにしました。
プレートの大きさは縦(x)160mm、(Y)横400mm、(Z)厚さ14mmです。

横型のマシニングセンターを使用して加工します。
イケールにアルミプレートを固定して・・・いよいよ試作開始です!

加工は片面ずつ行います。片面の加工が終了したらプレートを返して裏側を加工します。

そんなこんなで試作品完成です!

なかなかいい感じにできています。

今回の試作では工具や製品の破損などの問題は発生しませんでしたが、加工時間が予想より大幅にかかってしまいました。このペースだと実寸サイズの予想加工時間は4カ月!この時間は現実的ではないので、再度、加工ピッチや切削工具などを検討しなければなりません。

できた試作品専用の木枠を作りました。木枠に入れただけですが、また違った雰囲気になります。

④本番加工

本加工は実寸で行います。横(X)1700.0mm、縦(Y)360.0mm、厚さ(Z)54.0mmのアルミニウム(A5052)を使います。アルミニウムは金属の中でも比重が軽いほうですが、この大きさになるとさすがに重いんです。重さにして約90kg。今回はクレーンで持ち上げて工作機械にセッティングします。

セッティング完了。ぎりぎりテーブルに載る大きさです。

加工時間短縮を検討した結果、本加工では1)荒取り加工、2)中仕上げ加工、3)仕上げ加工の3ステップで加工を進めることにしました。

1)荒取り加工では太い刃物を使って大体の形を出していきます。
 刃物が太いと削る量が多いので時間を大幅に短縮できます。
2)中仕上げ加工では細い工具を使って荒取りではできなかった細かい箇所を削っていきます。
3)仕上げ加工では中仕上げと同じ大きさの工具を使い、より表面がキレイに見えるよう削っていきます。

完成品がこちら。アルミは傷が付きやすいので毛布を敷いてケアします。

・TV取材を受けました

今回のらんま製作にあたり、ドキュメント番組のTV取材を受けました。企画を生み出すところから完成までを番組にしていただけるそうです。放送日が確定しましたらこのページでも報告させていただきます。皆さん、是非ご覧ください。

・その他、各方面の多くの方にご賛同いただいております。

ミュージアムと銘打つにはそれなりの作品数が必要です。これまでデザイン、芸術分野を初め色々な方にこのプロジェクトについてお話させていただき、ご協力のお申出、共同制作のお誘いを頂いております。

 

ご支援で実現できる事

この場所をアート作品を展示する美術館にしたいと考えています。

こちらがフジタ第2工場の1階スペース、現在の様子です。

ご覧のとおり空きスペースではありますが、このままではフジタの目指す「多くの人に訪れてもらえる場所」、「ピカピカ、キラキラで無機質でオシャレな空間」にはなりません。また、トイレも工場のトイレなので、外部の方が気持ちよく使えるようなものではありません。

そこで皆様からいただいたご支援は展示室の内装改修費用、トイレの整備に使用したいと考えております。

現在の完成イメージはこちら。私の妄想がかなり入っていますが、こんな空間を作り上げたいと考えています。

 

◆オープンスケジュール

 ●クラウドファンディング正式公開 (2016年01月19日)         

 ●クラウドファンディング終了予定日(2016年03月18日)

 ●改装工事・展示物準備(2016年5月頃)

 ●オープン(2016年8月初めごろ)   

 

◆アリガトウ(対価)について

¥1,500 WEBサイトにお名前を掲載します
     ※こちらのプランはお名前のみの掲載となります
     ミュージアム入場券 1枚

¥2,000 TOYAMA Factory Art Museumステッカー
     ミュージアム入場券 1枚

¥5,000 アルミ製「ミニミニ欄間」をお送りします
     仮サイズ:98.5mm×22.0mm×1.0mm
     ※先行者10名様への割引プランです。

¥8,000 アルミ製「ミニミニ欄間」をお送りします
     仮サイズ:98.5mm×22.0×1.0mm

¥5,000 協賛者としてWEBサイトに
      1.御社名(お名前どちらか)を掲載します
      2.御社のHPのリンク設定します

 

 

 

 

¥8,000 レセプションパーティ(ドリンク付き)へご招待します

¥10,000  金属をテーマにしたワークショップへご招待します
       ・金属のアクセサリー教室
       ・ミュージアムでの撮影会
       お好きなテーマに参加いただけます

¥10,000  ミュージアムの入り口に協賛者プレート(小)を掲載します

 

 

 

 

¥30,000  1.ミュージアムの入り口に協賛者プレート(中)を掲載します
        2.レセプションパーティにご招待します

 

 

 

 

 

¥100,000   1.ミュージアムの入り口に協賛者プレート(大)を掲載します
       2.レセプションパーティにご招待します

 

 

 

\300,000  1.アルミ製「ミニ欄間」をお送りします
        仮サイズ:394.0mm×85.0mm×14.0mm
       2.(株)フジタ工場見学へご招待します
       3.レセプションパーティへご招待します

 

 

 

◆お届け納期について

クラウドファンディング後、5月GW明けから順次発送を予定しております。

◆本プロジェクトのリスクについて

スケジュール管理には十分注意して参りますが、やむを得ずスケジュールに遅延が発生する可能性がございます。ご了承ください。

 

Facebookにも投稿にチェックを入れてください

GOAL

現在までの支援額

¥2,056,000

目標金額は¥800,000に設定されています。2016/03/18 24時までに目標金額を達成するとプロジェクトはGOALとなります。

257%
パトロン
109
サポーター
19
残り
終了
Thumb Takako Kajikawa

富山県高岡市に生まれる。伝統産業の高岡銅器の発祥の町、金屋町の隣の町で生まれ育ちました。生れる前に、すでに父親が自宅裏で旋盤加工業を創業しており、そのうちに社員も徐々に増えて行き自宅の夕食時は、... もっと見る>

メンバー

Thumb Motomichi Aya

2013年株式会社フジタに入社。前職はアウトソーシング会社で上場企業の旅費精算、給与計算から業務の移管管理まで行う。 フジタに入社後は事務員として書類やデータ作成等で現場をバックアップすると同... もっと見る>

Thumb 前田哲宏

S49年5月1日 富山県富山市八尾町生まれ 株式会社ミガキ一級建築士事務所 代表取締役 金沢工業大学工学部 建築学専攻 大学院修了 一級建築士、建築学修士、総合資格学院講師 もっと見る>

Thumb Kyoko Higashiyama

1972年愛知県生まれ。大阪芸術大学付属大阪美術専門学校卒。信楽焼窯元勤務、バリアフリーのギャラリー&カフェ運営、青年海外協力隊派遣前訓練(体調を崩し除隊)を経て金属製造業に出会う。2006年に... もっと見る>

Thumb 長棟京子

アイティ経営コンサルタント株式会社 取締役 アートディレクター Webサイト企画制作 2013年富山県デザイン展デジタルコンテンツ部門賞受賞 2012年富山県デザイン展デジタルコンテンツ部門賞... もっと見る>

求めている仲間をみる

求めている仲間

Designer

デザイナー

1 人が応募しています

【募集内容】展示作品のデザイン・設計

今後随時展示物を増やしていく予定です。そこで金属の色々な表情を表現した作品の設計、もしくはデザインにボランティアベースでご協力いただける方を募集します。

1人が応募しています

Maker

メーカー

4 人が応募しています

【募集内容】展示品の貸し出し

展示する金属製のアート作品の貸し出しにボランティアベースでご協力いただける方を募集します。
「自社にも金属を削りだして作った作品がある!」
という企業様、是非お力をお貸しください。

4人が応募しています

Designer

デザイナー

2 人が応募しています

【募集内容】ミュージアムのグッズの企画やデザイン提案
当ミュージアムでは、来場者の記念になるような小物の販売も考えております。
「こんなの作ったら?」「こんなデザインにしたら?」などミュージアムを思い起こすような小物の企画やデザイン提案にボランティアベースでご協力いただける方を募集します。

2人が応募しています

Staff

スタッフ

8 人が応募しています

【募集内容】イベントの企画立案、運営、

当ミュージアムの主旨に賛同いただき、イベントや企画の立案、運営にボランティアベースでご協力いただける方を募集します。
個人、商店、施設、クリエイター、会社等団体、所属は問いません。

8人が応募しています

Engineer

エンジニア

3 人が応募しています

【募集内容】展示方法、ライトアップ、作品の撮影

作品の展示方法、ライトアップなど空間作り、写真撮影等にボランティアベースでご協力いただける方を募集します。
金属を美しく魅せる照明テクニック、webや広告用の写真の撮影などご協力ください。

3人が応募しています

Staff

スタッフ

1 人が応募しています

【募集内容】ミュージアム内装・外装へのアドバイス・サポート

内装、外装を改装するうえで、設計・施工など、ボランティアベースでアドバイス、サポートしてくださる業者、個人の方を募集します。

1人が応募しています

お金による支援(ありがとう)

¥1,000 支援すると

1.TOYAMA Factory Art MuseumのWEBサイトにお名前を掲載します
 ※こちらのプランはお名前のみの掲載となります
2.ミュージアム入場券 1枚をお送りします

9 人が応募しています

予定納期 2016年5月

¥2,000 支援すると

1.TOYAMA Factory Art Museum ステッカー 1枚をお送りします
2.ミュージアム入場券 1枚をお送りします

5 人が応募しています

予定納期 2016年5月

Gf_slider

¥5,000 支援すると

1.アルミ製「ミニミニ欄間」をお送りします
 画像は試作品です。
 実際の縦横比はこれと違います
 仮サイズ:98.5mm×22.0mm×1.0mm
 削り出しで加工します
 デザイン面(加工面)は片面のみです

※先行10名様限定の割引パッケージです

10 人が応募しています

OUT OF STOCK

予定納期 2016年6月

Gf_slider

¥5,000 支援すると

WEBサイトに協賛者として
1.御社名を掲載します
2.御社WEBサイトへのリンク設定をいたします

19 人が応募しています

予定納期 2016年5月

Gf_slider

¥8,000 支援すると

アルミ製「ミニミニ欄間」をお送りします。
 画像は試作品です
 実際の縦横比はこれと違います
 仮サイズ:98.5mm×22.0mm×1.0mm
 削り出しで加工します
 デザイン面(加工面)は片側のみです 

17 人が応募しています

予定納期 2016年6月

¥8,000 支援すると

レセプションパーティへご招待します

5 人が応募しています

予定納期 2016年8月

Gf_slider

¥10,000 支援すると

ミュージアム入り口の協賛者プレート(小)に会社名(お名前)を掲載します

20 人が応募しています

OUT OF STOCK

予定納期 2016年8月

¥10,000 支援すると

金属をテーマにしたワークショップへご招待(1回)します
 ・金属のアクセサリー教室
 ・ミュージアムでの撮影会 
 ・ミニミニロボ組立   など
お好きなテーマにご参加いただけます

7 人が応募しています

予定納期 2016年9月

Gf_slider

¥20,000 支援すると

アルミ製「ミニミニ欄間ゴールド」をお送りします。
 画像は試作品です。
 仮サイズ:113.0mm×25.0mm×6.0mm
 アルミを削りだして製作します。
 削りだし加工後、ゴールドに表面処理します。
 デザイン面(加工面)は片側のみです。
  

1 人が応募しています

予定納期 2016年6月

Gf_slider

¥30,000 支援すると

1.ミュージアム入り口の協賛者プレート(中)に会社名(お名前)を掲載します
2.レセプションパーティへご招待します

10 人が応募しています

OUT OF STOCK

予定納期 2016年8月

Gf_slider

¥50,000 支援すると

1.アルミ製「ミニミニ欄間 金箔ver.」をお送りします。
2.レセプションパーティへご招待します。

 「ミニミニ欄間 金箔ver.」は活動報告で紹介しています、京都の金箔押しの職人さんにミニミニ欄間の表面に金箔を押していただいたものです。

 「町工場×井波彫刻×京都金箔押し」の初のコラボ商品を是非!

 仮サイズ:113mm×25.0mm×6.0mm
 デザイン面(加工面)は片側のみです。
 金箔はデザイン面のみ押してあります。
 

1 人が応募しています

限定 残り 4個

予定納期 2016年6月

Gf_slider

¥100,000 支援すると

1.ミュージアム入り口の協賛者プレート(大)に会社名(お名前)を掲載します。
2.レセプションパーティへご招待します

3 人が応募しています

限定 残り 2個

予定納期 2016年8月

Gf_slider

¥300,000 支援すると

1.ミニ欄間(アルミ削り出し)プレゼントします。 予定サイズ:394.0mm×85.0mm×14.0mm
2.フジタの工場見学へご招待します。
3.レセプションパーティへご招待します

2 人が応募しています

OUT OF STOCK

予定納期 2016年8月

 

 
現在までの支援額¥2,056,000